Archive for the ‘未分類’ Category

令和3年 お礼のあいさつ

2021-12-27

ほしのこグループ(ほしのこ、キッズ、ジュニア、アルファ、中央、池上)の6教室は、12月29日(水)から1月3日(月)まで年末年始休暇とさせていただきます。

新年は4日(火)より対応させていただきますのでよろしくお願いいたします。

本年もほしのこ池上をご利用頂きましてありがとうございました。

新年も児童の為、様々な療育を考えていきますので宜しくお願い致します。

どうぞよいお年をお迎えください。
ほしのこ池上 スタッフ一同

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号03-6303-5668 受付時間 平日 13:30~18:00 土・祝日 10:00~16:00 定休日 日曜
  • SST「電話の仕方」

    2021-12-10

    現在、池上教室には小学校5年生以上が通っていますが、そのほとんどの児童がキッズ携帯やスマートフォンを持っています👦👩📱

    遅刻の連絡など、必要に応じて児童が直接教室に連絡をしてくることもあります。

     

    先日、こんな場面がありました。

     

    職員「お電話ありがとうございます。ほしのこ池上教室○○です。」

    児童「今、学校から帰ってきたのでちょっと遅れます!」

    職員「お名前をお伺いしてもよろしいですか?」

    児童「え、声聞けばわかるでしょ。」

     

    この件について児童に話を聞いてみると、スマホでは自分や相手の名前が画面に表示されるので「名前を言わなくてもわかるでしょ。」という感覚だったようです。

     

    他にも電話でのやりとりに慣れておらず、電話で話すことを極端に嫌がる児童もいます🤔

     

    そこで、電話の仕方についてSSTを行いました。

     

    池上教室では、児童がPowerPointでアニメやクイズ作りをしていますが、指導員たちも負けじとPowerPointでそれぞれの児童に合った教材作りを行っています💪💻

    児童の好きなキャラクターを教材に取り入れるだけでも児童の興味や集中の度合いが格段にアップします👍✨

     

    今回は、

    「自分の名前を言おう」

     

    「相手の話を最後まで聞こう」

    (自分の用件を話したら電話を切ってしまったことがありました😨)

     

    「終わりの挨拶をしよう」

    (電話を切るタイミングが難しい様子から「またね」「バイバイ」等を言うように伝えました)

     

    上記3点について学び、最後に“友達を自分の家での遊びに誘う”という設定で実践練習をしました。

     

    A児「もしもし?○○だけど、明日家に遊びに来ない?」

    B児「いいよ!○○の家で何して遊ぶの?」

    A児「スイッチのゲームやるよ。」

    B児「へぇ~。何時からやるの?」等々。

     

      

     

    自分で会話の内容を考えながらSSTで学んだポイントに気を付けてやりとりをしていました💮

    また「次は私からかけたい!」など、自分たちで声をかけ合って役割を交代しながら意欲的に取り組む様子も窺えました😊📱

     

    それぞれの児童に合わせた実生活につながる支援を今後も提供していきます😊

     

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号03-6303-5668 受付時間 平日 13:30~18:00 土・祝日 10:00~16:00 定休日 日曜
  • SST「会話のキャッチボール」

    2021-11-29

    現在ほしのこ池上教室には、小学校5年生以上が在籍しており、好きなゲームや漫画、学校行事や出かけた話などでいつも盛り上がっています。

    最近では移動教室(大田区の学校行事)に行った際に、池上教室のみんなにお土産を買ってきたり、誕生日の友達にプレゼントを渡したりする児童が出てきました。

    自発的に友達と関わろうとする児童が増えてきている池上教室です😊

     

    しかしながら児童の会話を聞いていると、一方的に話したり、何て返事をすればいいのかわからず言葉に詰まっていたり、ふざけて相手を傷つける言葉を言ってしまったりする様子も見受けられるのが現状です。

     

    そこで、コミュニケーションスキルを磨くためのSST「会話のキャッチボール」を行いました。

    ※SST=ソーシャル・スキル・トレーニング(社会生活技能訓練)

     

    ―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―

    「会話のキャッチボール」

     

    まずは、児童Aと指導員による会話のロールプレイを見せます。

     

    児「ドラえもんって身長何㎝あるか知ってる?」

    指「知ってるよ!確か129.3㎝だよね。あと体重も129.3㎏で、ほかの部分も129.3になってるんだよね!あとドラえもんは四次元ポケットっていう便利な道具を持ってて、そこからどこでもドアとかタケコプターとか秘密道具を出すんだよね!それでさ…!」

    児「・・・うわーーもう無理っ!しゃべりすぎ!!俺にもしゃべらせて!!😡(怒)」

     

    会話を一方的に聞かされていた児童が痺れ切らしてナイスリアクションをしてくれたおかげで、見ていた児童達も、どちらかが一方的に話をすると会話が成立しないということに気が付きました。

     

    このNG例を踏まえて、役割決め(質問者or回答者)をし、児童同士で役割や相手を変えながらロールプレイをしました。

     

    質「○○のゲームやったことある?」

    回「うん、あるよ。」

    質「私は○○のキャラクターが好きなんだけど、どのキャラクターが好き?」

    回「ぼくは○○と△△かな。」

     

    質「なんで電車が好きなの?」

    回「え~っと…○○だから。」

    質「う~んじゃあよく乗る電車は何?」

    回「え~っと○○と□□と…。」

     

    どのペアも会話のキャッチボールを意識して取り組めており、一方的に話す児童は見受けられませんでした。

    また、質問者は制限時間ギリギリまで会話を続けようと次の質問を捻り出していたり、回答者は一つ一つの質問をよく聞いて答えたりしている様子も見受けられました。

     

    さらに「ポケモンが好き」など、趣味が合う相手とはマニアックな話で盛り上がっているペアもありました。

    友達と膝を突き合わせてじっくりと話す機会が少ない児童にとっては、他児との会話を楽しむ良い機会となりました💮

     

    一方で、「何を話せばいいかわからない😖💦」と話題選びに苦戦する場面や話し声が小さくて何度も聞き返している場面なども見受けられました。

    会話をする相手に応じた話題選びや話し方の練習を積み重ねていく必要があります。

     

    振り返りでは、自分の会話のキャッチボールレベルを“2軍→1軍→メジャーリーガー⚾✨”から選んで自己評価をする時間を取りました。

    7割の児童が1軍、3割の児童がメジャーリーガーを選び、2軍を選んだ児童はいませんでした。

    どの児童も少なからず「できた!」と思えたようです😊

     

    “いつでも・どこでも・誰とでも”

    自信をもってコミュニケーションが取れるように支援をしていきます。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号03-6303-5668 受付時間 平日 13:30~18:00 土・祝日 10:00~16:00 定休日 日曜
  • 児童企画イベント「お化け屋敷👻」

    2021-11-18

    池上教室の普段の療育では、ICT活動や学習など机上での個別活動が中心ですが、集団活動も定期的に取り入れており、他者との適切な関わり方や関係の築き方、集団においての指示理解等を学べるようにしています。

     

    今回は、先日行った“お化け屋敷”の様子をご紹介します👻

     

    *―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―

     

    お化け屋敷は、“制限時間内にグループで部屋に隠された3つのお宝を見つけることができればクリア”というルールで行いました。

    まず、くじ引きで三人一組のグループ分けをし、次に驚かす役・お宝を隠す役・お宝を探す役を各グループに振り分けて、その役割を交代しながら行いました。

     

    お化け屋敷が始まり、教室の電気を消すと部屋は真っ暗に…😨💦

    懐中電灯の明かりを頼りに進んでいきます。

     

    お化け屋敷の雰囲気に合った怖いBGMや驚かしてくる友達にドキドキしながら、

    「お宝あったよ!」

    「まだ探してない所はどこー!?」

    などとグループの友達に発信し、お互いに協力してクリアを目指す様子が見受けられました👍

     

     

     

     

    お宝を探す以外のグループはというと、お宝の隠し場所を同じグループの仲間に共有して「俺らのグループはこっちに隠そうぜ!」と相談したり、「ここで『わあ!』って驚かすのはどう?」と提案したり、待機中に自主的に作戦を立てる様子が窺えました。

     

    子どもたち同士のやりとりが自然と増えていてとても良かったです👍✨

     

    一方で、“集団活動”という点では、気持ちが高揚してしまい、集団のルールよりも自分のやりたいことを優先させてしまう児童も見受けられました😞

     

    「待機グループだけど驚かせたい…!」

    →自分の役割じゃないのに衝動を抑えられずに驚かしてしまった。

     

    「絶対に見つけられないところにお宝を隠したい…!」

    →普段は開けない扉の中等、難しすぎる所に隠したため誰も見つけられず…。

     

    集団活動において、限度をわきまえて楽しむことや集団のルールを守って気持ちのコントロールをしながら取り組むことは課題となっています。

     

    他者と関わることで「楽しい!」「面白い!」と思えることは大切です。

    今後も他者と関わる機会をつくり、他者理解や思いやりの気持ちがもてるよう支援していきます😊

     

    【お化け屋敷の小道具】

      

     

     

     

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号03-6303-5668 受付時間 平日 13:30~18:00 土・祝日 10:00~16:00 定休日 日曜
  • 自己管理能力を高めよう!

    2021-11-09

    街では紅葉する木々が見られるようになり、秋が深まってきましたね🍁

    緊急事態宣言が解除され、少しずつ外出の機会も増えてきているところでしょうか。

     

    子どもたちからは、やむ終えず延期や中止となった学校行事の復活を喜ぶ声が聞こえます😊

    運動会・合唱祭・宿泊学習・校外学習など、さまざまな行事での経験を積んでいってほしいと思います。

     

    ―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*

     

    さて、今回は“自己管理能力”についてのお話です。

     

    まず、“自己管理”という言葉からどんなことが思い浮かぶでしょうか。

    「自分の好きなようにさせてほしい!」などと思うこともあるかもしれませんが、

    社会の中で自立して生活していく為には、健康管理・お金の管理・時間の管理・感情の管理・モチベーションの管理…といった“自己管理能力”を身に付けていく必要があります。

     

    現在、池上教室では、時間の管理能力が向上するような取り組みを実践しています🕑

     

    【取り組み①】

    児童の来所時刻が異なるため、自分の勉強開始時刻と終了時刻を表に記入して管理しています。

    基本的に小学生は30分間、中学生は45分間を勉強時間としていますが、取り組んでみると30分後を計算で正しく求められなかったり、時刻をまたいだ時にそのことに気付かないまま記入していたり、24時間表記の理解が不十分だったりと時計の読み方にも課題が見受けられました。

    それでも継続して取り組むことで、30分後の計算がスムーズにできるようになってきました。

    やはり継続は力なりです👍✨

     

    【取り組み②】

    24時間表記を見慣れることで、生活の中で使えるようにしました(視覚的支援)。

    予定表に「4:30」と書いていた児童が、「16:30」と書くようになりました👍✨

     

     

    【取り組み③】

    取り組み①が定着してきたので、勉強以外の時間も自分で活動予定を立てて取り組むようにし、さらなるスキルアップを目指しています。

    中学生以上になると定期テストの勉強計画を立てたり、締め切りに間に合うように課題に計画的に取り組んだり、次の予定を考えて取り組んだり…時間の管理が必要な場面は生活の中でとても多いですよね。

    まずは、短い時間の中で、自分で活動内容や時間配分を考える経験を積み重ねます。

    そうすることで、見通しをもって取り組むことや時間を意識して行動することが身に付いていきます。

     

     

     

     

     

    “自分で計画を立てて、それを達成していく”。

    その積み重ねが自己管理能力の向上につながっていくように継続的な支援をしていきます😊

     

     

     

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号03-6303-5668 受付時間 平日 13:30~18:00 土・祝日 10:00~16:00 定休日 日曜
  • パワーポイントでクイズ作り💻🎶

    2021-10-05

    4月開所時には、ローマ字表がないと文字入力もまだまだ自信のなかった子どもたちですが、

    日々のICT活動の中で自然と身についていき、ローマ字表がなくても文字入力ができるまでに成長しました。

     

    現在、子どもたちが一番熱心に取り組んでいるのはPowerPointでのクイズやアニメ作りです。

    「パワーポイントって何?」からのスタートで、必要に応じて文字入力や画像挿入などを少しずつ学んでいきました。

    今回は、クイズ作りでの子どもたちの成長の様子と作品をご紹介します。

     

    ―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―

     

    クイズ作りを始めた頃の作品は、シンプルなものでした。

    パソコンに入っている画像を挿入して、クイズを出しました。

    「これはなんでしょう?」

     

     

    クイズ作りに慣れてきた子どもたちから、

    「好きなキャラクターの画像を使いたい!」というリクエストがあったので、

    インターネットから画像をコピー&ペーストする方法を学びました。

    「このキャラクターはなんでしょう?」

      

     

     

    また、クイズを行う中で「選択肢があった方がわかりやすい。」ということに気づき、

    選択肢を作ったり、クイズの出し方も工夫したりするようになりました。

     

    「一番だと思う人?二番だと思う人? 正解は…。」

     

     

     

     

    また、PowerPointではアニメーション効果(動き)を挿入することができるので、

    より見ていて楽しいクイズになるようにと工夫を凝らして作るようになりました。

    「家に何体入ったでしょうか?」→よく見ていないとわからない。脳トレになりますね!!

     

      

    ※アニメーション効果をつけているので、実際は動きます。お見せしたかった…!

     

     

    ゲームは好きだけど、パソコンはあまりやったことがない…という子どもたちが、

    たった数カ月でここまでできるようになったことに驚かされるとともに、

    子どもたちのもつ可能性にワクワクしました😊✨

     

    もう一つの子どもたちが熱心に取り組んでいるアニメ作りの活動は、

    さらに手が込んでいる作品ばかりなので、またご紹介したいと思います。お楽しみに!!

     

     

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号03-6303-5668 受付時間 平日 13:30~18:00 土・祝日 10:00~16:00 定休日 日曜
  • プログラミングロボット活動🤖

    2021-09-30

    朝晩は涼しく感じられる日が続き、ようやく秋めいてきましたね🍁🍠

    夏休みが終わり、午前午後の分散だった療育時間も通常(平日13:30~18:00)に戻りました。

    放課後の来所になるので、学校生活での疲れが出るかと日々の様子を見ていますが、

    「ほしのこの友達に会うのが楽しみ!」

    「パソコンでアニメの続きを作るのが楽しみ!」

    と、来所を楽しみにしてくれている様子が窺え、職員一同、大変嬉しく思っています😊🎵

     

    -*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

     

    さて、今回は、プログラミングロボットを使った活動の様子をご紹介します。

    「プログラミングって難しそう…💦」と思っている方が多いかと思いますが、

    初めて取り組む方にも親しみやすいように、現在さまざまなツールが世に出ています。

     

    池上教室では「コーディーロッキー」というプログラミングロボットを使った活動をしています。

     

    初めに練習モードで基本的な操作を学び、それから各自で自由に動かしてみます。

    「速さ〇%で〇秒前進する」などの動きだけでなく、

    「〇ボタンが押されたとき<こんにちは>を再生する」

    「LEDの<黄色>を〇秒間光らせる」

    「<笑顔>にする」

    といった、音・光・見た目なども自分の好きなように変えることができるので、

    それぞれの「こうしたい!」の達成に向けて、

    プログラムの順序を試行錯誤しながら取り組む様子が窺えました。

     

    活動を始めたときは、

    「【100000000秒前進する】にしよう!」

    「【10000000回左折する】にしよう!」と、

    物事の程度を考えずに過度な数値でプログラミングを行う児童もいました。

     

    やりすぎてしまうことによって機械の故障につながる可能性があることや

    適切にプログラムしないと思い通りにならないことなどを体験を通して学ばせています。

    物事の程度を知り、また物を大切に扱うことも伝えています。

     

    操作に慣れてきた児童は「コーディーサーキット」にチャレンジしました!

    指導員が考えた5級~1級まであるコースのクリアを目指します。

     

    ロボットを動かしては修正し、また動かしては修正し…。

    何度も微調整を行いながら最適なプログラミングをしていきます。

     

    なかなかすぐには自分の思うようにできないので、

    「もうわかんない!やめたー!!」となりそうなものですが、

    ゲーム感覚でできる為か、自分で“やる”と決めた為か、

    挑戦した児童はゴールまで投げ出さずに取り組む様子が見受けられました。

     

     

     

     

    このように、情報化社会に生きる子どもたちが前向きにコンピュータ等と向き合っていけるよう、

    これからもさまざまな体験活動を提供していきます💻✨

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号03-6303-5668 受付時間 平日 13:30~18:00 土・祝日 10:00~16:00 定休日 日曜
  • 夏休みの思い出「ふわもちスライム実験」

    2021-09-02
    あっという間に夏休みが終わり、また学校が始まりましたね🎒
    今年の夏休みはどんな思い出が作れましたか?
    池上教室では、子どもたちに聞いた“夏休みにやりたいこと”の一つ「スライム実験」をしました。
    今回の実験で作るスライムは「ふわふわもちもちスライム」です。
    “泡”を混ぜることによって、定番のスライムとは違った感触が楽しめます。
    その泡の正体は…“シェービングフォーム”です!🥸🧼
    普段子ども達が使うことはないので「何それ〜!?」という反応でしたが、珍しい物は「使ってみたい😍」ということで、いざ実験!!
    シュ〜モコモコ〜💨と泡が出てくる様子を面白がっていました😁
    実験はホワイトボードに書いてある作り方を自分で見て、
    必要な材料を「〇〇ください。」と言って自分で用意し、
    分からないときは自分から聞く…というように、“主体的に活動する”ことを促しました。
    「このくらい混ざっていれば大丈夫ですか?」
    「固さはこのくらいで大丈夫ですか?」
    と、不安の大きいお子さんは何度も指導員に確認を求める様子も見受けられました。
    「実験だから自分の思うように試してごらん。失敗したらもう一回やればいいよ👍
    と励ましながら関わることで、前向きに取り組む様子も見られました。
    挑戦したことや自分でできたことが一人一人の成功体験につながっていました😊✨
    また、スライムの柔らかさや色にもこだわって作っており、自分の納得がいくまでホウ砂水や絵の具の量の調節をしながら作っていました。
    完成したスライムを友達と見せ合ったり、2個作って合体させたり、感触を気に入って触り続けていたりとそれぞれで楽しむ様子が見られました。
    また保護者の方からは「夏休み、家ではなかなか楽しいことをしてあげられなくて…楽しめたようでよかったです😊」との感想をいただきました。
    子どもたちにとっても指導員にとっても夏休みの楽しい思い出の一つとなりました🌻🍉
     
       
  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号03-6303-5668 受付時間 平日 13:30~18:00 土・祝日 10:00~16:00 定休日 日曜
  • スクラッチでプログラミング

    2021-08-25
    夏休みもに終盤になってきましたね😊🌞
    今年の夏休みもこのご時世ではお出かけが十分にできていないかもしれませんが、
    子どもたちには夏休みの楽しい思い出を一つでも二つでも作ってもらえたらと願う今日この頃です。
    -*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
    さて、話は変わりますが、「プログラミング教育」という言葉を最近よく耳にしませんか?
    2020年度から小学校でプログラミング教育が必修化され、週末や長期休業には学校で配布されたタブレットを持ち帰って宿題に取り組む…といった光景が当たり前になってきました。
    プログラミング教育では、「コンピュータ等のICT機器の活用に慣れ親しむこと」や「Aをさせるために、どの動きを組み合わせるかを考える」といった論理的思考(プログラミング的思考)を養うことがねらいの一つとされています。
    池上教室でも様々なICT機器を用意して、子どもたちが楽しみながら新しいことにチャレンジできる環境を作っています。
    今回は「Scratch(スクラッチ)」を使ったプログラミング活動をご紹介します。
    まず「Scratch」とは、ゲームやアニメーション作りを通してプログラミング言語を学べるインターネットサイト(無料)です。
    パソコンが好きな児童からは「家でもスクラッチやってるよ💻✨」という話も聞きます。
    大田区の小学校や中学校でも「Scratch」や「Viscuit(ビスケット)」をプログラミング教材として実際に使用しており、ある中学校の今年度の夏休みの課題に「Scratchでゲームを作る」というものがありました。
    (夏休み明けに発表があるそうです!😵💦
    池上教室では、まず他の人が実際に作ったゲームを体験させながら、
    「楽しい!😄
    「こんなのが作れるなんてすごい!!🤩
    「作ってみたい!!!😍
    という思いがもてるように、強制ではなく興味をもつことを大事に取り組ませています。
    興味をもつタイミングって人それぞれですよね。
    興味のないことを強制されるのは大人も子どもも嫌だと思います。
    だから子どもたちが自然と興味をもてる環境を作ってあげることが大人の大事な役目であり、腕の見せ所になってきます💪✨
    下の写真は作成中のゲームを友達に紹介しているところです。
    コツコツと根気よく作っています。
       
    途中経過を見せる中で「付け足したほうがいいところはある?」と友達に意見を聞いたり、
    「こんなの作れるなんて〇〇くんすごい!!」と認められたりする良い機会となりました。
    また、友達が実際に作ったことで「やってみようかな。」と興味をもつ児童が出たり、
    「次はここをこうしたい!」と新たな目標をもったりする様子が窺えました👍✨
    引き続き、子どもたちの「好き」や「楽しい」を伸ばしていけるように療育を行っていきます😊
  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号03-6303-5668 受付時間 平日 13:30~18:00 土・祝日 10:00~16:00 定休日 日曜
  • みんなで作る楽しさ🎲

    2021-08-03
     池上教室ではICT活動で身につけたスキルを活かし、みんなで楽しめるものを自分たちで作成しています😊そのうちの一つが今回紹介する「すごろく」です!🎲
    作成にはWordを使い、作ったマスを1マスずつ切り取り、全員の作ったマスをランダムに並べて行います。
    図形の中にマスの指示を打ち込むことを基本に作成していますが、そのなかでも見た目とマスの指示内容に多くの工夫が見受けられました👀
    見た目ではマスに立体画像の挿入や、インターネットからキャラクターの画像をコピーペーストしたり、文字や図形の色を変えたりして様々な形、色のマスを作成しました
    指示内容では「ジャンケンに勝った人が◯マス進む」のように条件つきで進んだり戻ったりするマスや「◯◯にワープする」のように指示のマスとワープ先のマスをセットで作成する様子も窺えました。
    なかには「25マス進む」や「ゴールに行く」など現実的ではない指示にしようとする様子も見受けられましたが、自分だけでなくみんなのことを考えて作ることを伝えています。
    第三者の立場で物事を捉えることはなかなか容易ではありませんが、今後も他者と関わり合いながら、多角的な視点を持てるような活動を取り入れていきます!
  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号03-6303-5668 受付時間 平日 13:30~18:00 土・祝日 10:00~16:00 定休日 日曜
  • « Older Entries

    ▲page top